言葉も思い出に!手書きメッセージをプラスできるフォトブック

その時の状況プラスで思い出に深みを!

写真ばっかりのフォトブックもいいですが、言葉をプラスしていくと当時の状況がより思い出すことができます。例えば、赤ちゃんの写真であれば今何か月です及び、お座りしました、歩き始めましたなど後から見たときのこの写真をとった当時はこうだったねなどとわかる情報を書き込んでおけば、将来振り返りながら思い出を振り返ることが可能です。また、写真の上に色ペンなどで言葉を記載することでインパクトを残すこともできます。それ以外でも、何歳の誕生日、ここに旅行にいってこんなことがあった等を記載するのもよいでしょう。子供のフォトブックであれば将来子供が読んだときに当時の母の気持ちや愛情を感じることができるので心に残るフォトブックとすることができます。

コメントって難しいそんなあなたに!

写真にコメントを書くだけといってもなんか面白みの言葉しか浮かばないという人も多いかもしれません。そんなときに役立つアイデアをお教えします。まずは話し言葉で記載してみてください。なんで泣いてるの?や何見てるのかな?など子供に話しかけるような短い言葉を考えてみましょう。他には吹き出しを付けてコメントをつけてみてください。写っている人の気持ちになって玩具とられたや暑いよなど書いておくとこんなこと考えていたのかなと振り返ることができます。成長の記録をしていくのもよいでしょう。身長や体重はもちろんお祝い事や初めて発した言葉などを書いていくと楽しいコメント欄になります。ここまでは様々なアイデアを記載してきましたが、写真1枚1枚に細かく記載しようとするのではなく、1か月日記やワンシーズンにまとめて記載するなどしてみても気楽にコメントを書こうという気持ちになるかもしれません。